August 24, 2019

進路で悩む

American Sociological Associationのレセプションで、院生と話していてなぜ社会学を勉強したか、というきっかけの話になりました。某T田塾大学では国際関係学科にいたのですが、ゼミを決めるときに、たくさんあった地域研究のゼミにはいまいちひかれず。社会学のゼミの説明で「絵や写真をたくさんみます」という説明があったので、今から思うとそれはErving GoffmanのGender AdvertisementやJohn BergerのWays of Seeingの話だったのですが、「絵や写真!ならあまり文字を読まなくていいってこと?すばらしい」と思って申し込んだ(おおきな勘違い)、というのが社会学とのいわば出会いです。あまりにもランダムなきっかけなので、いろんなプレッシャーでいっぱいいっぱいだった院生の方に「なごむわー」と呆れられました。

もちろん、どの分野でも一人前になろうとしたら修行は必須ですが、ランダムなところから専門を決めてもべつにあとあと困ってないです。

高校生や大学生に進路についてアドバイスをすることも増えましたが、たぶんアドバイスするとしたらそんなに決め決めに決めなくても大丈夫ですよといいたいです。なんかすごい人生計画とかあまりかっちり考えてるとつらくありません?

大学選びでも、入学してから専門を決められるところは、学生の成長を願う立場の者としてはいいよなあと思います。

もちろん好きで研究してますし、ものすごく小さなことを掘り下げて一日終わるのが常ですが、最近はわりと距離をとって専門外のことも自分はみてます。決め決めにやってても楽しくない。Steve Jobs的にいうと後から「点がつながる」ことがたくさんあるので、線がみえるまでは点でいいように思います。

行き当たりばったりに、というのともちがって、serendipityを大事にしようね、それが見つかる場所になるべく行こうね、ってことが高校生くらいの人たちには言いたいです。日々の勉強はそのためのツールとしてとらえたらいいんじゃないかな。

 

 

| Comments (0)

August 23, 2019

2019年9月6日「地層処分に係る社会的側面に関する研究支援事業」成果報告会

こちらのイベントで報告します。そのため夏休み返上で働いてます。なんせこの研究はエンジニア時代の用語で言うと線表が短い!

前に、知り合いの歴史家の先生に夏休みはどうしますか、と世間話で話したところ、「ハワイ」とかを予期していたのに、「がまんですねー」と言われて「がまんですかー」とびっくりしたのですが、なるほど、この夏は私もがまんの夏であります。

いろいろな意見があるトピックですが、研究者としては現実を理解してベストの判断をする材料を提供したいです。長期にわたる話なので、未来の人から「ああ、100年前のご先祖がんばってベストの判断をしたね」と思ってもらいたいです。なんかあの人たちぐだぐだだったよね、と後世からいわれないために、公正な決め方の原理について、研究したいです(すみませんだじゃれでした)。

 


「地層処分に係る社会的側面に関する研究支援事業」成果報告会
 ・日時:2019年9月6日(金)13:00~17:00(開場 12:15)
 ・場所:立教大学 池袋キャンパス 11号館A203教室(東京都豊島区西池袋3丁目34-1)
 ・定員:160名(先着)
 ・参加費:無料
 ・主催:株式会社三菱総合研究所
   ※事前の参加申し込みが必要です。

 ▽成果報告会の詳細や参加申し込みはこちらから
 https://www.numo.or.jp/topics/201919080715.html

 ▽地層処分に係る社会的側面に関する研究支援事業についてはこち
 https://www.mri.co.jp/project_related/chisou-shobun/

| Comments (0)

August 22, 2019

Comments to Kinmonth Review

Comments to 

https://japan-forward.com/book-review-beyond-the-gender-gap-in-japan-edited-by-gill-steel/

Earl Kinmonth writes:

“To be sure, Akiyoshi has made a limited effort to bring this paper up to date, but it remains one of several in the volume that leaves the impression that it is something recycled from much earlier graduate school research rather than current ongoing work.”

With all due respect, sir, I wrote my doctoral dissertation in 2004. I did not use the ISSP 2007 or any similar dataset in my dissertation. The chapter you mentioned is not a recycled material. It takes approximately three minutes to check my Ph.D dissertation topic and year on Proquest and other databases.

Kinmonth did not check facts. Instead, he simply speculated based on zero evidence.  If he did, he would have learnt that my dissertation is about the diffusion of the internet in Japan. Except for the research site, my dissertation topic has little to do with the chapter. The reason I used the ISSP for this chapter is because it was the latest best-quality dataset availbale on the subject at the time of writing. I did all analysis from scratch specifically for this chapter in 2016/2017. Kinmonth’s comments are factually wrong. 

 

| Comments (0)

«東京医科大学の入試をFisher検定する