« コロナウイルスの恐怖と戦う社会学 | Main | Tale of Two Cities »

March 28, 2020

どうせなら働く

コロナウイルスの影響で、最近は思うように外出もできず、そうなってみてはじめて、実は論文を書いたり読んだりする以外に、けっこうあちこちうろうろしている時間が長いことに気がつきました。机に向かっている時間はあまり長くない。しかしいまはそのうろうろができず、ちょっと辛くなっています。

しかし、新学期もまだ先になりそうだし、今できることをやろうと思います。5月締め切りの原稿があるので、まずはそれを仕上げること。そのためのレビューに入ります。

読もうと思っていたいろいろな本も、片づけます。来週の読書リスト。本業の社会学の本は少ない(EliasとGambettaだけか?)コロナウイルスでストレス満載なんだからもう好きなものをヤケ読みします。

A. Roger Ekrich   At Day's Close

Tara Westover Educated

Jonathan Schneer The Balfour Declaration

Rebecc Skloot The Immortal Life of Henrietta Lacks

Candice Millard Destiny of the Republic

Diego Gambetta Codes of the Underworld

Norbert Elias Involvment and Detachment

 

« コロナウイルスの恐怖と戦う社会学 | Main | Tale of Two Cities »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« コロナウイルスの恐怖と戦う社会学 | Main | Tale of Two Cities »